四コマ映画『ひつじ村の兄弟』

『ひつじ村の兄弟





やっぱこういうラスト大好き。こんくらいのタイミングで終わってくれるのがなぜか好き。最高。

やっぱね、伏線全部キレイに回収して謎も全部キレイに明らかにしてキレイキレイな感じで終わるなんてものはね、「伝染病が出たら羊は全頭殺処分、小屋も全部解体&殺菌消毒して回る」ようなものですよ。

これだけ登場人物のそれぞれの心情も伝わって、地域の問題もわかって、珍しくて美しい景色も見れて、素敵なシーンもたくさんたくさんあって、もう十分十分十分十分(映画は93分)。

あと、伝書鳩ならぬ伝書犬として活躍する牧羊犬のかわいさたるや。。。

おじいちゃん2人が裸で抱き合うってのは北欧では共通のオモシロポイントなんですね。
ノルウェー映画『ハロルドが笑う その日まで』でもおじいちゃんが2人抱き合って温め合うシーンがあり印象的でしたが。

やっぱ寒い地域だから「凍死」が身近にあって、蘇生法として「裸で抱き合う」ってのが緊迫した状況にやるものだし、冷静に考えてみれば裸で抱き合うって笑っちゃうし、ってことなんでしょうね。

今回は裸にして風呂に入れてあっためる、ってのもありましたし、かなり雑な病院への搬入方法もありましたし。
いやぁ面白かったな〜。
最高最高最高。
映画館で見りゃ良かったなぁ、絶対寝ただろうけど。

『ひつじ村の兄弟

0 件のコメント:

コメントを投稿